一丁平のトイレが全面使用中止→使用可能になりました

※全面使用中止だった一丁平のトイレですが、現在は使用可能です(2019年11月)

高尾山口観光案内所からの情報で、一丁平のトイレが全面使用中止だそうです。

どうやら水再生処理装置が故障したらしく、水が流れないとのこと。

復旧について高尾ビジターセンターのHPを確認したのですが、特にお知らせは書いてありませんでした。

また情報が入りましたら投稿しますが、みなさんも高尾ビジターセンターのHPも確認してみてください。

自然研究路6号路通行止めのお知らせ(8月31日(木)から9月30日(土)まで)

6号路の一部が落石事故防止対策工事のため、下記の期間は利用できません。

・区間:6号路の琵琶滝から5号路交点まで

・期間:平成29年8月31日(木)から9月30日(土)まで

詳しくは高尾ビジターセンターのHPでご確認ください。

高尾ビジターセンター公式サイト http://takaovc599.ec-net.jp/index.html

 

ファンクラブ交流会

9月12日(火)に高尾山ビアマウントでファンクラブ交流会を行いました。

午前中に雨が降っていましたが、交流会の時には晴れ間も見え、なんと虹が上下に2つも出るというサプライズが!!

菱山忠三郎先生、新井二郎先生、ハイキングガイドさんと一緒に、会員の方たちと楽しくお話ししながら、お料理とお酒を堪能してきました。

ケーブルカー清滝駅に巨大天狗が出現!

「全国都市緑化はちおうじフェア」開幕に先立ち、高尾登山電鉄ケーブルカー清滝駅に大きな「モザイカルチャーの天狗」がお目見えしました。

鉄骨の枠組みにネットで土を被せ、数千株の植物を植えこんでいくモザイカルチャー。気温が下がると紅葉し、天狗の顔が赤くなる予定です。

緑化フェアの期間中(9月16日(土)~10月15日(日))は飾られていますので、高尾山にお越しの際はぜひご覧になってみてください。

高尾山応援基金PRイベント ~1000年先も愛される山に~

高尾山の魅力を未来へ継承することを目的として、平成29年3月に高尾山応援基金が設立されました。この基金への募金を8月11日の山の日より開始。

8月11日からの三連休に行われる、高尾599ミュージアムの「TAKAO599祭」、京王高尾山口駅前の「高尾山駅前はっけんマルシェ」に参加し、「高尾山応援基金」のPRと募金を行います。

高尾・陣馬ファンクラブのみなさんも、ぜひイベントにお越しいただき、高尾山応援基金にご協力をお願いします。募金をしていただいた方には、ノベルティグッズを差しあげます。高尾599ミュージアムではオリジナルの寄付つき商品(手ぬぐい・ステッカー)も販売。

<日時> 平成29年8月11日(祝)~13日(日) 9時~16時

<場所> ①ケーブルカー清滝駅前

②高尾599ミュージアム(TAKAO599祭)

③京王高尾山口駅前(高尾山駅前はっけんマルシェ)

高尾山応援基金とは・・・

観光地としての高尾山の魅力を未来へ継承するために、環境保全や良好な景観形成の向上、歴史文化の活用等を推進することを目的とする。(高尾山応援基金設置要綱 第2条)

明日、明後日、100年後。

あなたの“ちょっと”が、

山の“ずっと”を守ります。 

100年後にも変わらぬ魅力を保つとともに、100年後に向けて新たな魅力を作り出すことを目的として設立された基金です。

運 営:高尾山応援基金運営協議会

高尾山に関わる企業・地元・行政団体で組織し、高尾山応援基金の管理・運営を行います。

事務局:公益社団法人八王子観光コンベンション協会

学習の歩道の通行止めのお知らせ

間伐材の伐採作業、並びに間伐材の搬出作業を行うことから、学園の歩道について下記の期間通行止めとなります。

実施作業 森林整備に伴う伐採(間伐・搬出)

実施場所 大平知久周辺

予定期間 平成29年6月下旬~平成30年2月下旬

詳しくは林野庁関東森林管理局 東京金川森林管理署のホームページをご覧ください。

http://www.rinya.maff.go.jp/kanto/tokyo_kanagawa/attach/pdf/index-3.pdf

高尾山・陣馬山及び周辺の山々等を愛し、もっと楽しみたい方、そして美しい自然を後世に残したいと考える方のホームページです。